合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤字は休業日です


12/29~1/4まで年末年始休業とさせて頂きます。
休業中に頂いたご注文・お問合せは1/5から順次対応させて頂きます。

妊娠中も気をつけたい!膣内環境を整える大切さ

妊娠中はホルモンバランスの崩れから、カンジダ膣炎や細菌性膣炎などの膣炎に悩まされている方も多くいらっしゃいます。妊娠中に膣炎を引き起こしてしまうと、早産につながる恐れもあるので、妊娠中の方でも膣内環境を整えることはとても大切なことです。今回は妊娠と膣内環境の関係、そして膣炎を予防するためにはどうすれば良いのかをご紹介します。

妊娠すると起こる膣の変化

妊娠すると女性の体には様々な変化が起こりますが、膣内には様々な変化が起きます。
まず膣内が柔らかく変化してきます。これは、膣粘膜にある毛細血管が拡張することで血液の巡りが良くなり、動きが滑らかになります。出産する時は柔らかくなっているおかげで赤ちゃんが通りやすくなります。また、膣からの分泌物も増えます。
おりものは、量が増えるだけではなく色が透明から白く変化していきます。さらに膣内のグリコーゲンが増えることで乳酸桿菌が繁殖しやすい環境になり、膣内を正常のpHに保っていきます。

妊娠中によくみられる感染症について

乳酸桿菌が増えると一般的には雑菌は繁殖しにくいのですが、中には酸に強い菌もいるため、妊娠中でも膣炎を引き起こしてしまう可能性があります。
妊娠中の膣炎で、一番多く見られるのはカンジダ膣炎です。カンジダは元々膣内にいる常在菌なのですが、乳酸桿菌が抗菌剤などの服用によって減少したり免疫力が低下してしまうことで、カンジダが膣内で異常に繁殖してしまう病気です。
他にもトリコモナス原虫によって炎症が起きてしまう性感染症・トリコモナス膣炎やクラミジアが原因で起こるクラミジア感染症などがあります。
これらの感染症は膣分泌物の量が増加しやすく、ただでさえ妊娠中で膣分泌物が増えている状態から、さらに不快感を増してしまいますし、痛みやかゆみなどを引き起こしてしまいます。

膣炎を発症すると早産のリスクが高まる?

上記の膣炎には早産のリスクに関して直接的なものはないものの、膣内で大腸菌などの悪玉菌が繁殖してしまう細菌性膣炎に関しては早産のリスクがみられます。
原因として考えられるのは、膣カルドネラ菌と呼ばれる膣炎を起こしている菌が膣内だけではなく子宮の中にまで入り込んでしまい、赤ちゃんの周りを覆っている胎盤や羊水に炎症を起こしてしまう「絨毛膜羊膜炎」という病気を発症してしまうことが早産につながってしまうと言われているのです。
絨毛膜羊膜炎になってしまうとお腹が張りやすく、破水してしまう可能性もあり、早産のリスクが高まります。

膣内環境を整えるために清潔にすることが大切!

妊娠中、感染症を予防するためにも膣内環境を整えるために、清潔に保つことが重要です。菌が入り込まないように外陰部からきちんと清潔にすることが大切です。
例えば、下着を履くとムレて雑菌が繁殖しやすい環境を作り上げてしまうため、なるべくコットンの通気性が良い下着を履いたり、おりものが多い時はおりものシートをつけてこまめに取り替えることなどが挙げられます。
ただし、清潔にしなくてはいけないということで、石鹸を使ってゴシゴシと洗ってしまうと、膣内の自浄作用を高める乳酸桿菌まで除菌してしまう恐れがあります。
もしも、おりものなどで臭いが気になるという場合は、膣洗浄を行うと良いでしょう。膣内洗浄のし過ぎには注意ですが、膣内を清潔に保つことができますし、臭いなどのトラブルを解決することができます。

妊娠中も気にしたい膣内環境

妊娠中に起こる感染症はいくつかありますが、膣内環境を清潔に整えることで感染症を未然に防ぐことができます。 早産に関わる感染症も中にはあるので、妊娠中は特に膣内環境をきちんと整えられるように心がけましょう。 また、異変を感じた場合は、速やかに医師に相談しましょう。

※注意事項

本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、 この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、 完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について 責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。