合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤字は休業日です


12/29~1/4まで年末年始休業とさせて頂きます。
休業中に頂いたご注文・お問合せは1/5から順次対応させて頂きます。

今更聞けない!デリケートゾーンのケア方法

女性にとってデリケートゾーンの悩みは尽きませんが、なかなか人に聞くこともできないので、今さら誰かに聞けずに、何が正しいのかも分からないといった方も多いでしょう。今さら誰かに聞くことができない、デリケートゾーンのケア方法をお教えします。これで、いつもきれいでトラブルのないデリケートゾーンに、生まれ変わることができます。

デリケートゾーンは思っている以上に敏感肌

デリケートゾーン(陰部)は、体の中でも特に角質層がとても薄いため、些細な刺激などでも炎症などを起こしやすい「敏感肌」なのです。
また、普段はショーツやタイツ、ストッキング、おりものシート、生理用ナプキンなどにより、湿度も高くムレやすい状態になっていますので、炎症や細菌繁殖などには注意していきたいものです。
そんなデリケートゾーン、普段はどんなケアをしていますか?デリケートゾーンに負担をかけないケア方法をご紹介しましょう。

デリケートゾーンの正しい洗い方

膣内は普段は常に酸性に保たれています。これは、外部からの最近の侵入を防ぐため。ところが、洗浄力の高い石鹸やボディソープで念入りに洗ってしまうと、デリケートゾーンのpHバランスが崩れてしまい、病気やにおいの原因に。
▼デリケートゾーンの洗い方
洗う時は、出来るだけデリケートゾーン専用のソープを使うことをおすすめします。または、体を洗うボディーソープも弱酸性のものを選びましょう。
洗い方は、スポンジなどでゴシゴシ洗うのではなく、手に泡を取り、やさしくなでるように洗いましょう。ソープの泡で皮脂汚れは十分落ちます。
流す時は、ぬるま湯でしっかり流しましょう。陰部の隙間の汚れは指のはらを使いぬるま湯でキレイに洗い流しましょう。爪を立てて傷をつけないように、陰部の隙間に石鹸成分が残らないように注意しましょう。

気になる黒ずみのケア方法

デリケートゾーンの黒ずみが気になる方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。デリケートゾーンは皮膚が弱く、ちょっとした刺激などで色素沈着しやすい部位です。なので、下着などのゴムが擦れたりすると、黒ずみの原因になる場合もあります。
▼デリケートゾーンの黒ずみのケア方法
デリケートゾーン用のソープできれいに洗った後に、オイルやボディクリームで保湿しましょう。きちんと保湿されることで、肌のバリア機能が正常化し、クリームの油分で固くなった角質がやわらかくなるので、黒ずみの軽減につながります。

アンダーヘアの処理も重要

アンダーヘアは毛量、範囲ともに個人差があります。毛量の多く気になる場合には、定期的な処理を行うことで、デリケートゾーンのケアができます。
アンダーヘアはデリケートゾーンの通気が悪くなったり、アンダーヘアに付着した尿などの汚れが細菌感染の原因になることもありますので、こまめに処理しましょう。
▼アンダーヘアの処理方法
はじめに、長めのヘアは短く切りましょう。
Vラインはショーツからはみ出している場合はシェーバーでそり落とします。
Iラインは敏感な箇所ですので、十分注意してシェーバーでそり落とします。
Oラインは肛門周辺のヘアはシェーバーでそり落とします。
※鏡を見ながら丁寧に
※ワックス、脱毛剤、毛抜きは肌や毛根を痛めるので使用しないことをおすすめします
※カミソリやハサミなどはけがをする恐れがありますので使用しないことをおすすめします
定期的な処理が必要になるため、脱毛などもおすすめです。常に清潔に保ちたいものですよね。

デリケートゾーンもこまめなケアを行いましょう

いかがでしたでしょうか。
デリケートゾーンの基本的なケア方法ですが、顔や髪の毛と同じように丁寧なケアを行うことで、気になるにおいの改善に繋がったり、トラブル回避にもなります。正しいケア方法でいつもきれいなデリケートゾーンを保ちましょう。

※注意事項

本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、 この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、 完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について 責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。