合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤字は休業日です


12/29~1/4まで年末年始休業とさせて頂きます。
休業中に頂いたご注文・お問合せは1/5から順次対応させて頂きます。

デリケートゾーンがムレると…意外と知らないにおいの原因

特に生理中などでは、デリケートゾーンがムレると感じることがありますが、このムレが気になっている女性も多いと思います。デリケートゾーンがムレると、かゆみやにおいの原因となることがあります。ではどんな時にどんな注意をすればよいのでしょうか。

デリケートゾーンがムレる原因「通気性」

女性にとってはとても大切なカラダの仕組みとして、「生理」があります。
生理の周期による、おりもの、また生理の時の経血がにおいの原因になることはご承知の通りです。
おりものや、経血自体はそれほど鼻につくほどのにおいがあるものではありませんが、おりものシートや、生理用ナプキンがデリケートゾーンの通気を悪くしてしまい、陰部がムレることにより、においが発生してしまうのです。
また、デリケートゾーンの皮膚は薄いため、おりものシートや生理用ナプキンの素材によっては、こすれてしまったり、更にはそれがムレることで、かぶれてしまうこともあり、かゆみや皮膚トラブルの原因にもなってしまいます。さらに、ポリエステル素材のショーツや、ストッキング、タイツなども通気性が悪くなる要因。
女性のデリケートゾーンは複雑な構造になっているため、自分が思っている以上にムレていることもあります。においが気になる場合は、日頃から清潔に保つようにしましょう。また、最近では、「布ナプキン」や「綿ショーツ」も注目されていますので、デリケートゾーンの通気を良くする工夫をしてみましょう。

デリケートゾーンがムレると病気につながることも

デリケートゾーンのムレは、放っておくと膣内の病気につながることもあります。
膣内の病気は細菌感染や異常繁殖などが主な原因の場合が多く、特に細菌は湿度の高い環境を好むため、ムレた状態が続くと、膣炎などの病気につながってしまいます。
急におりもののおいがきつくなった、においはないがおりものが多くなってきた、かゆみや痛みがあるなどの変化があった場合には、病気にかかっている場合があります。
こうした変化に気づいた場合は、早めに婦人科を受診しましょう。

デリケートゾーンがにおう原因「食べ物」

デリケートゾーンは、体臭と同じで食べ物によって、においがきつくなる場合があります。
たとえば、にんにくやにらなどの、においの強い食べ物、肉などのタンパク質を多く摂取した時などは、汗の成分ににおい成分も混在するため、どうしてもデリケートゾーンがにおうことがあります。
これは、誰でも起こる可能性がありますが、におい物質が体内から排出されれば収まることがほとんどです。においの強い食べ物を食べた時などは、通期の良い下着をつけるなどして、デリケートゾーンににおいがこもらないように工夫しましょう。

体質によるデリケートゾーンのにおい「すそわきが」

デリケートゾーンの体臭が強い「すそわきが」という症状があります。
すそわきがとは、外陰部臭症と呼ばれており、わきがと同じ原理となります。陰部にあるアポクリン腺から出た汗や皮脂線から分泌される脂肪などが混ざり、細菌などを合わさることで独特な異臭を発生させます。
この場合は、専門医に相談してから治療を行う必要があります。主な治療法は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の働きを抑制させて、においを発生させないようにします。数回の施術が必要となります。専門医によって金額や治療法も異なりますので、じっくり相談して治療法を決めましょう。

ムレは病気やおいの原因に 通気の良い環境づくりを

デリケートゾーンのムレは膣炎などの病気やにおいの原因になります。毎日のことなのでどうしても後回しにしがち。しかし、デリケートゾーンが病気になってしまうと、人にもなかなか相談できない上に病院に行くのも一苦労。
日頃から、通期の良い下着をはく、清潔に保つなどの工夫をして、サラサラ爽やかなデリケートゾーンで過ごしたいものですね。

※注意事項

本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、 この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、 完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について 責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。