合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤字は休業日です


12/29~1/4まで年末年始休業とさせて頂きます。
休業中に頂いたご注文・お問合せは1/5から順次対応させて頂きます。

デリケートゾーンのかゆみ…もしかして病気が潜んでいることも?

女性は体調の変化やホルモンのバランス、病気などの理由によって、デリケートゾーンにかゆみをもたらす場合があります。かゆみの原因は、生理用ナプキンや下着の摩擦によって起こってしまう肌トラブルの場合もあり、病気と関係ない場合もありますが、知らない間に病気にかかっている場合もあります。かゆみをもたらす膣内の病気はどんなものがあるのでしょうか?

ヨーグルトのようなおりものが出る 「カンジタ膣炎」

デリケートゾーンにかゆみが出てくる病気は様々あり、特に強いかゆみがある場合、一番可能性が高いものとして挙げられるのは「カンジタ膣炎」という病気。
カンジタ膣炎とは、カンジタというカビの一種が原因で起こる病気です。このカンジタ菌は、もともと人間が体内(膣、口内、腸など)に保有している常在菌(悪玉菌)。普段は悪さをすることはありませんが、体調不良などで体内の免疫力が低下したり、妊娠や更年期などでホルモンのバランスが崩れたりすると、悪玉菌であるカンジタ菌が異常繁殖してしまい、病気が発症されてしまいます。風邪などで出される抗生物質の服用も注意が必要。抗生物質の抗菌作用が善玉菌まで殺してしまい、悪玉菌であるカンジタ菌の繁殖を促してしまうこともあります。
カンジタ膣炎の症状は、強いかゆみがあり、ヨーグルト状のおりものが出る、チーズのような固まった状態になるなど。ひどい場合は、性器部分に痛みを感じることもあります。
また、症状が悪化してしまうと、排尿障害を引き起こしてしまう場合もある怖い病気です。

黄色味の泡状のおりものが出る「トリコモナス膣炎」

トリコモナス膣炎とは、デリケートゾーンの強いかゆみと同時に、強烈な臭いと黄色味の泡状のおりものが異常に増えていくのが特徴です。
排尿の時や、性行為の時に痛みや不快感があり、まれに出血する場合もあります。公共施設のトイレやプール、温泉など水気の多い場所で感染しやすいのですが、性行為が原因で感染することが多いと言われています。
特に男性は、トリコモナス菌に感染していても自覚症状が出にくいので、気が付かずに他の女性に移してしまう場合があります。このような場合には、薬での治療が必要となるため、医療機関で受診する必要があります。

陰部に白い斑点ができる「外陰ジストロフィー」

外陰ジストロフィーとは、外陰部に痒みが出る病気です。
症状は、外陰部に白い斑点が出て、かゆみと共に熱を持ったような熱さを感じることもあります。白斑は左右対称に出るのが特徴です。
さらに症状が悪化していくことで、色素が抜けていき、さらに強いかゆみを伴い、外陰部が委縮していきます。
その後、外陰部の委縮によって外陰萎縮症という病気に進行していく場合もあります。
若年層には少なく、更年期以降の女性の発症が多いといわれています。少しでも異変を感じたら医療機関へ受診しましょう。

デリケートゾーンは清潔に

皮膚も薄いデリケートゾーンには、少しの刺激でも痛みやかゆみを伴ってしまう場合があります。特にホルモンのバランスが崩れることで、おりものが増えてしまい、それが原因となり、デリケートゾーンにかゆみが出てしまうこともあります。
肌トラブルによるかゆみであれば、デリケートゾーンを清潔に保つように心がけることで改善していきますが、病気の場合はいくら清潔に保っても、菌に感染していることで症状が現われているので、おかしいなと感じたらすぐに婦人科を受診しましょう。
婦人科できちんと診察をしてもらうことで、正しい治療法によって症状も改善していきます。
恥ずかしいからと我慢せずに、きちんと受診することをおすすめします。

異常を感じたら早めに婦人科へ

いかがでしたでしょうか。
女性の悩みとしてデリケートゾーンの悩みを抱えている方は多くいますが、まさにデリケートな部分の悩みだけに、他人などに相談しにくさがあることで、抱え込んでしまうこともあるでしょう。
症状の悪化によって、生理痛が重くなったり、不正出血などの原因になる場合もあります。個人で判断せずに、早めに婦人科へ受診することをおすすめします。

※注意事項

本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、 この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、 完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について 責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。