合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤字は休業日です


12/29~1/4まで年末年始休業とさせて頂きます。
休業中に頂いたご注文・お問合せは1/5から順次対応させて頂きます。

おりものは年齢とともに変化する 40代からのケア方法とは

40代になると、においや質感などおりものが変化したと戸惑う女性がたくさんいます。おりものも体と同じく、年齢とともに変化しているのです。年齢によりおりものの変化や、40代からの正しいおりもののケア方法をご紹介します。

更年期や閉経前後のおりものの変化

更年期や開閉前後を迎えると、おりものがにおうことがあります。においの変化は、年齢の増加と合わせて女性ホルモンの減少が大きく関わっているのです。
まず、膣内には「デーデルライン桿菌」という乳酸菌が常駐しており、これは膣の洗浄機能をサポートする役割があります。しかし、更年期を迎えるとおりものと深い繋がりがある、女性ホルモンと同時にデーデルライン桿菌も減少してしまうのです。
洗浄機能が正常に機能しなくなると、細菌は膣内に溜まってしまい、増殖した細菌の影響でおりものからにおいがするようになってしまいます。

かゆみや乾燥、痛みも発症

女性ホルモンの一種にエストロゲンというものがあり、これは卵胞の成長や、髪や肌など美容にも関係するホルモンです。それだけではなく、女性のデリケートゾーンや泌尿器官の発達、そして維持にも関わっています。
エストロゲンは更年期を迎えると低下傾向にあります。このエストロゲンの分泌が少なくなると膣壁が薄くなり、萎縮してしまうのです。それにより膣内が乾燥し、痛みやかゆみの原因に繋がります。
膣内の乾燥は自洗浄機能も低下させるため、おりもののにおいを発生させる細菌増殖にも関係してきます。

水っぽいおりものが分泌されることも

年齢とともに尿漏れが気になる女性は多いかと思いますが、実はそれは尿ではなくおりものの可能性があります。
おりものは少し粘度がある質感が特徴ですが、水っぽいおりものがでてくる場合もあります。
医学用語で「水様帯下(すいようたんげ)」と呼ばれています。この水っぽいおりものが、更年期や閉経前後に出た場合は、子宮がんなど子宮に関わる病気が潜んでいる場合があります。急に尿漏れのような症状を感じた場合は、すぐに病院で検査を受けた方が良いでしょう。

年齢によるおりもののおいのケア方法

おりもののにおいは、誰かに気づかれたら恥ずかしいと感じる、どの年齢にかかわらず深刻な悩みです。
では、40代以降から閉経前後のケアはどのようにすれば良いのでしょうか。
▼通気性の良い下着を選ぶ
デリケートゾーンは湿気が溜まりやすい部分なので、おりものの量が増えるほど、細菌が繁殖しやすい環境となってしまいます。においの原因である細菌の繁殖を防ぐためにも、通気性の良いシルクやコットン製の下着が望ましいです。
▼洗浄は洗いすぎないこと
においが気になる場合は、膣洗浄がおすすめです。デリケートゾーン専用の洗浄剤を使うことで、安全に膣内を洗浄することができます。洗浄方法は、ビデ(精製水)ではなく、膣内のpHバランスを整えてくれる専用のジェルを使いましょう。
▼女性ホルモンのバランスを整える
40代以降の女性は女性ホルモンのバランスが崩れる傾向にあります。女性ホルモンのバランスを整えるためには、バランスの良い食事や、軽い運動、また女性ホルモンバランスを整えるサポートをしてくれるサプリメントなどを取り入れるのもおすすめです。

女性ホルモンのバランスを整えることがカギ

おりものも年齢に合わせて変化し、それは主に女性ホルモンの減少が関わっています。 更年期や閉経前後はにおいやおりものの量が気になりますが、40代のうちに正しいケアをすることでにおいの原因を防ぐことが可能です。しかし、悪臭や色の変化、過剰分泌などがあった場合は病気が疑われるので、そのような症状が現れたらすぐに病院で検査を受けるようにしましょう。

※注意事項

本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、 この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、 完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について 責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。