合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

赤字は休業日です


12/29~1/4まで年末年始休業とさせて頂きます。
休業中に頂いたご注文・お問合せは1/5から順次対応させて頂きます。

おりもののにおいの原因とは?正常なおりものとは?

人に言えない体の悩みは様々ありますが、その悩みの一つがおりものだという方も多いのではないでしょうか。特におりものの臭いに関する悩みは、恥ずかしさから相談できなかったり、病院へ行くことにためらってしまいがち。そのままにしておくと、においがひどくなったり、病気になってしまうことも。今回は、おりものの臭いの原因や、正常時との違いをご紹介します。

おりもののにおいが発生する理由とは?

おりものには、膣内を保湿して子宮や卵管への刺激、さらに膣内を洗浄して細菌感染を防ぐ役割があります。正常時のおりものは、ほのかに酸の臭いがしますが、さほど不快感を感じるにおいではないのが特徴です。 しかし、これが不快に感じるにおいになってしまうことがあります。その不快なにおいがした場合は、デリケートゾーンで細菌が繁殖していると考えられます。 例えば、脇や足の裏は一般的に、鼻を近づけてにおいをかぐと、汗のにおいや体臭がややする程度です。しかしこれが、周囲の人にわかってしまう程、不快なにおいになってしまうことがあります。これは脇や足裏など汗をかきやすい部分や汚れやすい部に、細菌が増殖することで悪臭となってあらわれます。 おりものも同じように、デリケートゾーンに何かしらの菌の増殖したことにより、においが発生している可能性があります。

不衛生と過剰洗浄は細菌を繁殖させてしまう

おりものから発生する悪臭は、細菌の増殖が原因の場合が多いため、デリケートゾーンを衛生状態は、特に気にしておきたいものです。なので、デリケートゾーンを清潔に保つことはとても重要。 しかし、清潔に保とうとするあまり、過剰に洗浄することによって、本来膣内にあるべき必要な最近まで洗い流してしまうことにつながってしまいます。この「自浄作用」を行っているのは「デーデルライン桿菌」という乳酸菌。この乳酸菌が存在しているおかげで、膣内のpHバランスが保たれています。 洗浄力の強い石鹸やボディーソープ、洗浄便座などのビデなどを使いすぎると、こうした良い菌まで洗い流してしまい、膣内バランスが崩れ、さらなる細菌の増殖やにおいの原因になることもあります。 不衛生にしすぎない、洗浄しすぎないよう、うまくバランスを取りながらデリケートゾーンのケアをましょう。

体調不良で自浄作用が低下することも

細菌が繁殖する理由には、デリケートゾーンの衛生状態だけではなく、体の体調とも深い関わりがあります。 実は、ストレスが溜まっている時や、風邪などで体調不良の場合は免疫力が低下しているので、細菌が侵入やすくなっているのです。同時に、膣内の自浄機能も低下してしまうため、細菌を外へ排出できず、膣内に細菌が繁殖しやすくなるといわれています。 清潔を保っているのに、おりもののにおいがキツいと感じた時は、免疫力低下による細菌繁殖を疑っても良いでしょう。体に疲れや精神的なストレスを溜め過ぎず、適度に発散して免疫力を高めることが大切です。

悪臭がする場合は病気の可能性あり?

正常なおりものは不快感の少ない臭いで、さらに透明か乳白色です。また、膣内環境のバランスの崩れや、不衛生にしていた場合、体の免疫が低下した場合などは、いつもよりにおいがきつくなることはありますが、これらは日常のちょっとした注意で、正常なおりものに戻ります。 しかし、悪臭を放ち、おりもの色や状態がいつもと異なる場合は、病気のサインかもしれませんので要注意。 まず、水っぽくてすっぱい臭いがキツい場合は「子宮頚管炎」が疑われます。さらににおいが悪化し、緑色のおりものの場合は「トリコモナス腟炎」、カッテージチーズのようなおりものが出て痒みがある場合は「カンジダ膣炎」の可能性があります。そして、黄色のクリーム状や膿状で、魚が腐ったような臭いがする場合は「細菌性膣炎」が疑われるでしょう。 おりものの悪臭とともに色やかゆみがある場合は、病気の可能性もあるので婦人科で検査を受けることが大切です。

おりものの異常を感じたら早めに病院へ

おりものから嫌なにおいを感じるのは、細菌が繁殖することが原因です。 細菌が繁殖する理由は不衛生や体調不良、時には良かれと思ってやっていた過剰な洗浄が繁殖を促す原因になります。細菌がデリケートゾーンの繁殖しすぎると、悪臭だけにとどまらず感染症のリスクも高まってしまうのです。 感染症はにおいだけでなく、不妊の原因にもなってしまうので、異常を感じた場合はすぐに病院へ行くことをおすすめします。

※注意事項

本サイトに記載する情報には充分に注意を払っておりますが、 この記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、 完全性、正確性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について 責任を負うものではありません。 この記事の情報を用いて行う行動や、判断・決定は、ご自身の責任において行っていただきますようお願い致します。